時間が空いた時に日記を掲載していく予定

土浦水道建築復興支援センター
マリン水道サービスでは、茨城県で水道修理や水まわりのトラブル解決に基本即日対応で承っております。トイレ、お風呂、台所、洗面所、蛇口のなどの水漏れ・詰まり。水道設備の故障など承っております。

茨城県のタウン情報

関東地方の北東に茨城県が位置しています。太平洋側に接していて、江戸時代には、徳川御三家の水戸藩のお膝元でもありました。県庁所在地は水戸市。県境となる北部には、阿武隈山地の南端に当たります。南部は、関東平野が広がっています。南部には、日本第二の面積を誇る霞ヶ浦が位置しています。最南端には、利根川が県境に沿って流れていたりして、水や緑の豊かな自然に囲まれた地域と言えます。

修理施工スタッフの修理・施工実績
介護施設でトイレのトラブル 台所の排水が流れない
水道管が破裂していた トイレの水が流れ続ける!
電話無料相談
洗濯排水の流れが悪い 水道管が凍結してしまった
マンホールから水があふれる トイレの排水が悪くなった

茨城県の地名由来

県名は、県成立時に県庁所在地であった郡名を使用している。郡名の「茨城」の由来は、「常陸国風土記」に黒坂命が賊を討つため茨で城を築いたという説や茨で退治したという説があります。古来、「いばら」は「うばら」「うまら」「むばら」と言って、茨城も古くは「うばらき」であったことから、文字通り「いばら」は、トゲのある低木のことであると想定される。茨城の「城」については、古く「木」と書き「茨木」であったとする説や「城」を意味する「柵」であったとも憶測されています。

茨城県の歴史

茨城県周辺は、奈良時代に常陸国と中央政権と陸奥を結ぶ要衝でしたが、平将門の乱後は平氏が統治していました。その後、鎌倉時代になると結城氏や佐竹氏など地元武士団が勢力を拡大させて戦国末期に佐竹氏が統一するまで、度重なる戦乱が起きていました。江戸時代以降、幕府は、この地を政治的重要な地と位置づけて、水戸藩は、徳川御三家のひとつとして幕政に関与しています。幕末には、藩を二分する党争が勃発し藩政が失墜した頃に明治維新を迎えました。明治の廃藩置県後、一部が千葉県に編入されましたが、現在の茨城県が誕生しました。


県内地域スタッフが日々の修理施工を行って時間が空いた時に日記更新しています。不定期となりますが頑張って更新していく予定です。

修理施工スタッフの修理・施工実績
タンクレストイレにリフォーム シャワーが破損してしまった
給水管を凍結させて元栓を交換 浴槽の排水が流れない
即日緊急対応
水抜き栓から水が漏れる トイレのリフォーム
原因が凍結による破損 洋式トイレにリフォーム
ポリ管の亀裂で水漏れが発生 断水時間を極力減らして交換


修理完了までの道順
電話の相談無料期間中
修理コスト表